平成28年予算委員会清掃環境土木費( 3月 3日)

近隣区の私道の排水助成比較②

○中島義春委員 それでさっき質問の中で、100%にしたらどうですかと、そういう質問もしましたけれども、やはり23区見ますと、結構これは私道舗装ですか、私道排水もそうなんだろうね。やはり私道形態いろいろあります。だから、その私道形態によって助成割合というのを変えている区も結構ありますよね。例えば中央区、墨田区、品川区、目黒区、大田区、中野区、荒川区、板橋区、足立区、結構変えてるな、葛飾区、結構その私道形態によって助成割合を変えているんですよ。やはりなぜかというと、やはり同じ私道といってもやはり行きどまりの私道もあれば、公道と同じように幅が4メーター近い――うちの目の前4メーターですよ、ほとんど。私道ですよ。4メーター近い私道もたくさんあるんですよ。やはり4メーター近い私道は車も通るんですよ。行きどまりのところはそんなに、そこに住んでいる方の車くらいしか使わないですよ、ほとんど。それによってやはり排水とか、あるいは道路の壊れ方が全然違うんですよ。それで結構、ほかの23区見るとやっていますよ。その辺はどうお考えですか。

○宮川道路整備課長  確かに今、委員おっしゃった区におきましては形態によって10%程度の助成率の違いを設けているところもあるように見えます。豊島区といたしましては、今のところ差は設けておりませんが、これもまた検討課題にさせていただきたいと思います。

○中島義春委員  最後言葉が小さくなってしまって聞き取りづらかったんで、検討課題、これ前向きな検討課題というふうにとらえてよろしいですか。しつこくて済みません。

○宮川道路整備課長  鋭意検討してまいります。

○中島義春委員  ぜひ私道排水、これよろしくお願いしたいと思います。